ga('send', 'pageview');

GIMPの基本を覚えよう!~その2~

最終更新: 9月26日


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPの基本について書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.GIMPの画面構成

2.ウィンドウについて

2-1.マルチウィンドウモードについて

 2-2.シングルウィンドウモードについて

3.まとめ

1.GIMPの画面構成

GIMPを起動すると下のようなウィンドウが表示されます。

何ができる場所なのかを把握しておくと便利です。

画像ウィンドウ

 画像が表示されるメインウィンドウです。

 加工はこの中で行います。

ツールボックス

 画像加工ができるツールがこの中にそろっています。

 鉛筆、消しゴム、塗りつぶし、グラデーションなどはここから行うことが

 できます。

ツールオプション

 ツールボックスで選択したツールの細かい設定をすることができます。

 レイヤーやペンの太さもここで変えることができます。

2.ウィンドウについて

GIMP2.8から

・マルチウィンドウモード

・シングルウィンドウモード

の2通りを選べます。

GIMPを最初に起動したときにはマルチウィンドウモードになっています。

シングルモードに切り替えるには、メインウィンドウにある『ウィンドウ』→

『シングルウィンドウモード』をクリックしてください。

2-1.マルチウィンドウモードについて

マルチウィンドウモードはこのような表示になります。

2-2.シングルウィンドウモードについて

シングルウィンドウモードはこのような表示になります。

3.まとめ

GIMPの画面構成は覚えておくと便利です。

次回はツールについて書いていきたいと思います。

#GIMP

50回の閲覧