ga('send', 'pageview'); GIMPで被写体を背景から分離してみよう!

GIMPで被写体を背景から分離してみよう!


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPで被写体を背景から分離する方法について書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.被写体を背景から分離してみよう

 1-2.自由選択(なげなわ)ツールを使おう

 1-3.電脳はさみツールを使おう

 1-4.前景抽出選択ツール

2.画像を加工してみよう。

3.まとめ

1.被写体を背景から分離してみよう

画像の背景を削って被写体だけを取り出したい時があります。

被写体以外を平板な色に変えたり、あるいは背景部分を透過させて他の背景に

合わせるなど別の画像に組み合わせたりできるようにしたい場合もあると思います。

GIMPの選択ツールを使えば、欲しい部分を切り取ることができます。

1-2.自由選択(なげなわ)ツールを使おう

 『自由選択(なげなわ)ツール』を使うとフリーハンドや直線を思いのままに

 つなげて選択範囲の輪郭が描けます。被写体の形が比較的単純な場合におすすめです。

1-3.電脳はさみツールを使おう

 『電脳はさみツール』を使うとフリーハンドで描いた輪郭線がさらに輪郭抽出アルゴ

 リズムに基づき被写体と背景の境界にもっと近づきます。被写体の形が複雑な反面

 その背景が単純なため区切りがはっきりしている場合におすすめです。

1-4.前景抽出選択ツール

 『前景抽出選択ツール』を使うと大雑把に「前景」と「背景」を塗り分ける

 境界線を引くことで自動的に精密な選択範囲が作成できます。

2.画像を加工してみよう

うまく被写体だけが選択できたら、画像ウィンドウのメニューより

『選択』→『選択範囲を反転』を実行します。これで被写体ではなく背景部分だけが

選択されます。あとは背景部分をどうしたいかによってすべき操作はいろいろあります。

・背景を単色で塗りつぶす

 ツールボックスの色のボタン(色を示す2つの四角形が一部重なっている標識)

 をクリックして『描画色を変更』ダイアログを呼び出すか、あるいは『描画色/背景色』

 ダイアログを使って、塗りたい色を選んでおきます。そのあと『塗りつぶし』を使うと

 背景は選んでおいた色で置き換わります。

・透過背景にする

 画像ウィンドウのメニューより『レイヤー』→『透明部分』→

 『アルファチャンネルの追加』を実行してアルファチャンネルを有効にします。

 そして、同メニューより『編集』→『消去』を実行するか、キーボードの『Delete』

 キーを押すと、背景が消去されます。ただし透過効果の付いたままの画像を保存する

 際にはファイル形式を”PNG”形式にすることをおすすめします。

・背景を白黒写真のようにしつつも被写体はそのままの色にする

 画像ウィンドウのメニューより『色』→『脱色』と進んで脱色ツールを

 呼び出します。現れたダイアログでプレビューを有効にしたまま3つの

 選択しを色々試し、画像ウィンドウを見て最もよさそうな効果を選んだら『OK』

 ボタンをクリックしましょう。

まとめ

画像の選択、加工は出来ましたか?周りに同じような色があると、

前景抽出選択ツールはうまく選択されない時があります。気を付けましょう。

#GIMP

0回の閲覧