ga('send', 'pageview');

GIMPの基本を覚えよう!~その1~

最終更新: 9月26日


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

今回はGIMPの基本操作について書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.GIMPを起動&終了してみよう

2.言語を設定してみよう

3.専門用語を覚えよう

4.まとめ

1.GIMPを起動&終了してみよう

まずは、起動をしてみましょう。

GIMPの起動の仕方はディスクトップにあるアイコンをクリックするか

スタートメニューや検索から起動することもできます。

次に、終了をする方法です。

ウィンドウの『✖』ボタンをクリックすると終了できます。

2.言語を設定してみよう

「GIMPを開いたときに日本語になっていない」

「日本語ではない言語を使いたい」

そんな時には、言語を設定して自分の使いたい言語にしましょう。

.まず最初にメインウィンドウの中にある『編集』をクリックすると

  画像のような項目が表示されます。

.下から5番目にある『設定』をクリックしてください。

『設定』をクリックすると小さなウィンドウが表示されるので

『ユーザーインターフェース』をクリックしてください。

『言語の設定』から言語を選ぶ

設定が終わったら『OK』をクリックすると設定されます。

3.専門用語を覚えよう

GIMPを扱うにあたって専門用語は必ず出てきます。

その中でいくつか紹介したいと思います。

その1・レイヤー

『階層』、『積み重ね』という意味を持ちます。

複数ある画像となると紙が何層にも重ね合わさったものが画像になります。

画像を重ねて合成する時に、位置をずらしたり、上下を入れ替える操作が簡単に

できます。

その2・チャンネル

画素の色成分を示す言葉です。GIMPで扱う色つき画素は、 赤・緑・青の色成分と

透過効果 (アルファ) 成分によって構成されています。

その3・グレースケール

画像の色を黒と白と灰色濃淡のみで表示するモードのことです。

ファイル容量を小さくすることもできます。

4.まとめ

GIMPにはたくさんの専門用語が出てきます。

少しずつ覚えながら高度な画像加工をできるように頑張りましょう。

#GIMP

68回の閲覧