ga('send', 'pageview');

GIMPで画像の拡大・縮小をしてみよう!


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPで画像の拡大・縮小の仕方について書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.画像のサイズを変えよう(拡大・縮小)

2.まとめ

1.画像のサイズを変える

画像を編集、加工するときに大きくしたい又は、小さくしたいと思ったときは

ツールボックスにある『拡大・縮小』を使うと画像の拡大・縮小をすることができます。

拡大・縮小のやり方は以下の通りです。

①拡大・縮小させたい画像を挿入又は、レイヤーを選択してください。

②『画像』→『画像の拡大・縮小』又は、ツールボックスの『拡大・縮小』を

 クリックして拡大・縮小させたい画像をクリックします。

③画像のグリッドをドラッグ又は、数値を入力して『拡大・縮小』をクリックします。

 『Reset』をクリックすると元の数値(大きさ)に戻ります。

④拡大・縮小はできましたがキャンバスにあっていないので合わせましょう。

⑤『画像』→『キャンバスをレイヤーに合わせる』をクリックします。

                    ↓

その大きさにキャンバスを合わせる事ができます。

2.まとめ

拡大・縮小は出来ましたか?選択範囲を選択して、その範囲だけを拡大・縮小を

することも可能です。もちろんテキストレイヤーなども拡大・縮小が出来るので

試してみてください。

#GIMP

8,182回の閲覧