ga('send', 'pageview'); GIMPで印刷用の画像の寸法を変更しよう!

GIMPで印刷用の画像の寸法を変更しよう!


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPで印刷用の画像の寸法の変更の仕方を書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.印刷用の画像の寸法を変更する

2.まとめ

1.印刷用の画像の寸法を変更する

GIMPで紙に印刷するときは各画素の実際の大きさがどのくらいなのかを設定しなければ

なりません。

変更のやり方は以下の通りです。

①『画像』→『印刷サイズ』をクリックします。

②このようなウィンドウが表示されます。

 単位はインチやミリメートルなどから選ぶことができます。

 幅又は、高さの一方の寸法を定めると水平解像度と垂直解像度も比例して

 自動的に変更します。

 解像度を変えると、1インチあたり300ピクセル以上であれば印刷の画質は高くなり

 200~150ピクセルだと画質が荒くなりますが、遠くで見るには繊細さがまだあり

 ます。100ピクセル未満になると見るからに粗雑な画像になってしまうため看板や

 標識などの大型ポスターのような遠くから見るものを前提にした印刷物でしか使えない

 仕上がりになります。

2.まとめ

解像度の設定は出来ましたか?印刷の画質をよくしたいと思ったときは使用しましょう。

#GIMP

0回の閲覧