ga('send', 'pageview'); GIMPでグラデーションを掛けてみよう

GIMPでグラデーションを掛けてみよう


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPで画像のグラデーションの掛け方について書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.グラデーションについて

2.グラデーション豆知識

3.まとめ

1.グラデーションについて

グラデーションは線形の順序で配列された色の集合です。 グラデーションの最も基本的な使い方は、『グラデーション塗りつぶしツール』を使ってグラデーションします。

グラデーションの色で選択範囲を塗りつぶすことで機能します。 選択範囲内で

グラデーションの色がどのように配置されるかを制御するための選択肢はたくさん

あります。 グラデーションを使用する他の重要な方法もあります。

グラデーションを使った描画方法

 GIMPの基本的な描画ツールはどれもグラデーションから色を採り塗色を変化させる

 オプションが使えます。ブラシに始点から終点まで色が変化する効果がつきます。

グラデーションマップフィルター

 現在このフィルターは『色』→『カラーマッピング』→『グラデーションマップ』に

 置かれています。このフィルターは画素の強度を読み取って現在活性化している

 グラデーションから相応の位置の色に置き換える仕組みで画像に『着色』が可能に

 なりました。

GIMPをインストールすると、結構な数の深いグラデーションが付いていますが、

新たに作成したり、外部の配布元から取得してきてそれらに追加することも出来ます。

利用可能なグラデーションはすべてグラデーションダイアログにあります。この

ダイアログはドッキング可能なダイアログなので、必要なときのみ呼び出すことも

ドッキング上でタブ化して常設することも出来ます。『現在選ばれているグラデー

ション』はグラデーションに係わる大部分の操作に使われるもので、ツールボックスの

ブラシ/パターン/グラデーションの区画でも表示されています。このツールボックス上の

標識をクリックしてもグラデーションダイアログを呼び出せます。

選択範囲をグラデーションで塗るには次のようにします。

 ①グラデーションをひとつ選びます。

 ②ブレンドツールで選択範囲内の2点間をクリックしてドラッグします。

 ③ドラッグした距離に従いその向きに直交して色が分布します。

グラデーションで描画する方法について

 動的特性のオプションに『Color From Gradient』を指定すれば、鉛筆、絵筆、エア

 ブラシの各ツールでもグラデーションが使えます。さらに色のオプションで好みの

 グラデーションを選び、フェードオプションで『フェードの長さ』や『反復』の仕方

 を設定します。

 下図は『鉛筆で描画』ツールでの使用した、必須の設定項目とその実行結果です。

2.グラデーション豆知識

・グラデーションダイアログのリストの最初の5つは特別なグラデーションです。

 これらは固定した色順ではなくツールボックスに示されている描画色と背景色を

 使います。

 「描画色から背景色(HSV反時計回り)」は選択された色相から色相環上を360度

 まで変転するところを示しています。

 「描画色から背景色(HSV時計回り)」は選択された色相から色相環上を0度まで進む

 ところを示しています。「描画色から背景(RGB)」はツールボックスで表示された

 描画色から背景色へのグラデーションをRGB上で表現したものです。

 「描画色から背景色(ハードエッジ)」は描画色と背景色の2色のみで中間色のない

 塗分けをします。「描画色から透明へ」では選択された色相が徐々に透過していき

 ます。それらの色は色を変更するダイアログを通して変えられます。要するにこれらの

 グラデーションは描画色と背景色を変えればその2色がどんな色でもその間を徐々に

 移り変わる内容で作成できるということです。

・グラデーションは色の変化のみならず不透明度を変化させているものもあります。

 同梱のグラデーションには全く透過しないものもいくつかありますが、それ以外は

 透明もしくは半透明な部分が入っています。完全不透明ではないグラデーションで

 塗りつぶしたり描画したりすれば、その下側にあるレイヤーの内容が透けて見える

 ことになります。

・グラデーションエディターを使って自作のグラデーションを作ることが出来ます。

 GIMPに添付されているグラデーションは変更が出来ませんが、その複製をとるか

 新規に作成をすればそれを編集することが出来ます。

GIMP同梱のグラデーションファイルはシステム用のgradientsフォルダーに入っています。

初期設定では、自作のグラデーションファイルは個人用ディレクトリー内のgradients

フォルダーに入れられます。グラデーションファイル(拡張子『.ggr』で終わる名前の

ファイル)はいずれもどちらかのファルダー内に入っていて、GIMPを起動すると自動的に

読み込まれます。この2つのディレクトリー以外のフォルダーでもグラデーションを検索

させるには、設定ダイアログの左側の一覧から『フォルダー』→『グラデーション』を

クリックして出てくるページでそのフォルダーを追加してください。

3.まとめ

グラデーションについては分かりましたか?

自分で新しくグラデーションを作成することも出来るので、使いたい物がないときには

作ってみましょう。

#GIMP

0回の閲覧