ga('send', 'pageview');

GIMPでパターンを使ってみよう!

最終更新: 9月26日


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPでパターンについて書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.パターンについて

2.まとめ

1.パターンについて

パターン(文様)とはタイル状に小さな複数の画像を並べ、ちょうど焼き物のタイルが

継ぎあわされるように一定の区画を敷き詰めるために使う画像です。パターンの種類にはその複製同士で上辺と下辺を継いでも左辺と右辺を継いでも目立った区切りがないものが

あり、これらを継ぎ目無しタイルと呼びます。有用なパターンがすべて継ぎ目無しタイル

だとは限りませんが、継ぎ目無しの方が何かと便利です。

(パターンとテクスチャーは同じようなものです。)

GIMPのパターンの使い方には3通りあります。

・塗りつぶしツールは選択範囲を埋めるのに単色のみならずパターンも使えます。

・スタンプツールなら色々なブラシを使ってパターンによる描画が出来ます。

・選択範囲やパスの境界線を描画するときに、単色のみならずパターンも使えます。

 また描画ツールを用いて選択範囲の境界線を描画するときに選んだのと同じものを

 スタンプツールでも使えます。

GIMPをインストールすると数十種のパターンが付いてきますが、これらは幾分無作為に

選ばれてきた感じがします。このほか自作のパターンやオンラインで公開されている膨大

な数のパターンをダウンロードして追加も出来ます。

GIMPの現在活性化しているパターンはパターンに関連する操作の大部分に使われており

ツールボックスのブラシ/パターン/グラデーションの領域でもその見本が表示されます。

見本の標識をクリックするとパターンダイアログが開かれ、様々なパターンから選べる

ようになっています。パターンダイアログはウィンドウメニューから呼び出せたり、

ドックにいれて常設することも可能です。

新しいパターンをコレクションに加えパターンダイアログ上の見本に並ぶようにするには

GIMPで読み込めるファイル形式にして保存し、GIMPのパターンを検索する場所に登録

されているフォルダー形式は数種類です。

PAT

 『.pat』形式はGIMPでのみ使える種類です。

 GIMP専用で作成されたものでなければこの形式のパターンファイルに出会うことは

 無いでしょう。でも何か他の画像をGIMPで読み込んでから拡張子『.pat』をつけて

 保存すればこの形式が変換できます。

注意

 GIMPが作成する『.pat』ファイルとPhotoshopのような他のプログラムが作成する

 同盟のファイルとを混同しないように注意しましょう。

PNG、JPEG、BMP、GIF、TIFF

 『.png』『.jpeg』『.bmp』『.gif』『.tiff』形式の各ファイルをパターンとして

 使うことが出来ます。

GIMPでパターンファイルを使えるようにするには、まずそのファイルをGIMPが

パターンを検索する場所として登録してあるパターン用フォルダーに入れます。

初期設定では、システム用なのでユーザーが改変できないpatternsフォルダーと

個人用のGIMPディレクトリー内のpatternsフォルダーの2箇所が既にパターン用

フォルダーとして登録してあります。それ以外のフォルダーを追加するには設定

ダイアログの『パターン用フォルダー』のページで登録します。PAT形式のファイル

はいずれもパターン用フォルダーに入れておけば次のGIMPの起動時からパターン

ダイアログの一覧に加わります。

GIMPにはパターンを作成するスクリプトが数点ついてくるもの面白いところです。

それらは画像ウィンドウメニューより『ファイル』→『画像の生成』→『パターン』

と辿った先のサブメニューにあります。これらのパターンはいずれも一定の様式の

パターンで埋め尽くされた新たな画像を作成します。作成時にはダイアログが現れ、

表現を詳細に調節できるようになっています。切り取って貼り付けるのに向いている

パターンとバンプマッピングに最適なパターンがあります。

2.まとめ

パターンについては分かりましたか?

自分でパターンを作成することも出来るので作ってみるのもおもしろいですね。

#GIMP

368回の閲覧