ga('send', 'pageview');

GIMPで選択範囲の加減をしてみよう!

最終更新: 9月26日


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPで選択範囲の加減の仕方について書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.画像の選択の範囲の加減をしよう

2.まとめ

1.画像の選択の範囲の加減をしよう

ツールにはたいていその振る舞いを調節するためのツールオプションが付いています。

選択ツールなら選択のモードが選べます。次の種類の選択モードがあります。

・置換がよく使われる選択モードです。置換モードでは既存の選択範囲が解消され

 新たに作った選択範囲で置き換わります。

・追加モードは既存の選択範囲に新たに作成した選択範囲を促します。『Shift』キーを

 押しながら選択範囲を作成するときも一時的な追加モードになります。

・除去モードは既存の選択範囲から新たに作成した選択範囲を引きます。

 『Ctrl』キーを押しながら選択範囲を作成するときも一時的な除去モードとなります。

・交差モードは既存の選択範囲と新たに作成した選択範囲の共通部分だけが残ります。

 『Shift』キーと『Ctrl』キーの両方を押しながら選択範囲を作成するときも一時的な

 交差モードとなります。

自由選択ツールを使用して矩形選択範囲を拡張

 この図では矩形の選択範囲が既にできています。

 自由選択(なげなわ)ツールを起用します。『Shift』キーを押しながら矩形の

 選択範囲にかぶるように手書きの選択範囲を描きます。

 マウスボタンを放せば、両方の選択範囲が足し合わされます。

※選択のはみだしを精密に修正するのなら、クイックマスクを使用しましょう。

2.まとめ

選択の加減は出来ましたか?この方法を使えば使いたい部分だけを

抜き取ることが出来ます。

次回はクイックマスクについて説明をします。

#GIMP

17回の閲覧