ga('send', 'pageview');

GIMPのクイックマスクについて知ろう!

最終更新: 9月26日


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPで画像のクイックマスクについて書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.クイックマスクについて

2.属性

2.まとめ

1.クイックマスクについて

画像を抜きだすときいつもなら選択ツールを使ってなぞりますが選択範囲が複雑になると

うまく画像を抜き出すことが出来ません。そんな時クイックマスクを使えば、

選択の輪郭をなぞるだけとは違い、選択範囲を塗る方法で作業をすることが出来ます。

GIMPにおいてクイックマスクとは、選択範囲を構造的に余すことなく表現する仕組み

です。しかもクイックマスクがあれば、新たなる計り知れないほどの強力な方法で選択

出来ます。画像ウィンドウの左下にある赤枠印のアイコンをクリックすればクイック

マスクのモードと切り替わります。このボタンはクリックするたびに、クイックマスク

と点線破線の両モード間を行き来します。このほか画像ウィンドウメニューの『選択→

クイックマスクモード』や、ショートカット『Shift+Q』を使ってもクイックマスクと

点線破線の両モードの切り替えが出来ます。

クイックマスクのモードでは、選択は画像を覆う透明な膜のように見えます。

この透明度はそれぞれの画素ごとの選択の度合いを表しています。初期設定ではマスクは

赤く染まっていますが、色は変えられますので作業しやすい作業しやすい色が他にあれば

変更できます。画素の選択が弱まるにつれマスクがどんどん曇っていきます。

クイックマスクモードでの作業は画像そのものではなく選択チャンネルに作用します。

特に描画ツールはその典型です。

白で塗ればその画素は選択されます。黒く塗った画素は選択されません。画素ツールはどれでも使えます。塗りつぶしツールやブレンドツールも同様です。

画像を丁寧に扱うには『選択を描画』することこそ簡単で効果的です。

使い方

 1.切り抜きたい画像を用意します。

   左下にある点線の四角(赤丸部分)をクリックしてください。

 2.点線の四角をクリックするとこのように赤く覆われます。

   (点線の四角の部分が赤色の四角になるとクイックマスク状態になります。)

 3.選択したい部分を塗りつぶします。

 4.赤色の四角(赤丸部分)をクリックすると選択されていますので、

   切り抜きや塗りつぶしなどの作業を行うことが出来ます。

2.属性

クイックマスクには2件の属性があり、クイックマスクボタンを

第2ボタンでクリックすると出てくるメニューより変更できます。

・普段のクイックマスクは非選択範囲を「曇らせ」、選択範囲を晴らしますが、特定の

 非選択範囲をマスクの代わりに選択範囲をマスクを選べば表示が反転します。

・色と透明度の設定で出てくるダイアログで、透明50%赤色の規定値から表示値が

 変更できます。

まとめ

クイックマスクについては分かりましたか?

次回はクイックマスクのモードを使ってみましょう。

#GIMP

49回の閲覧