ga('send', 'pageview');

GIMPのパスについて学ぼう!

最終更新: 9月26日


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPで画像のパスの仕方について書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.パスについて

2.パスの作成

3.まとめ

1.パスについて

パスとは(ベジ工曲線で知られる)曲線のことです。

GIMPならその習得も使用も難しくありません。

パスツールは扱うのは難しいですが、手の込んだ形状を作ることが出来ます。

GIMPのパスツールを使うには先にパスを作成してからその境界線を描画する手順を

踏みます。

GIMPの用語法では、『パスの境界線を描画する』とはパスに色、幅、パターンなどの

具体的な姿を与えることを意味します。

パスには主に2つの目的があります。

・開いたパスが選択に転換できる。

・開いたパスも閉じたパスも、その境界線が描画できる。

 (線に沿って多彩な手法で画像に描画します。)

例)

2.パスの作成

パスははじめのうちは大まかな線で構いません。後からでも変形できます。

まずは、パスツールを呼び出してみましょう。

・画像ウィンドウのメニューから『ツール』→『パス』

・ツールボックスのツールアイコン

・キーボードショートカット『B』

パスツールを呼び出すとマウスポインタ-が矢印とうねった曲線からなる

姿に変わります。画像を左クリックしたところがパスの始点です。次の点となる位置に

マウスを移動してからまた左クリックすると、第2の点ができ前の点と線で結ばれます。

クリックすればするほどいくつも点が打てますが、パスの習得には初めの2点だけで

充分です。点を置くとき曲線の先ではポインターのそばに小さな十字『+』は移動ツール

のような四方矢印に替わります。

ポインターを線分に近づけてクリックしたその部分をドラッグしてください。

すると2つの反応が起きます。

・線分はつかんで引くにしたがって曲折します。

・どの線分にも始点と終点があり、しるしがついてはっきりわかるように

 なっています。

線分が曲線なら端点から伸びる『接線』の方向にパスの線は出ます。

『接線』を長くすればするほどパスの線分は接線に長く寄り添い、もう一方の短点に

向かう軌跡をとるのはその先で曲がってからになります。どの『接線』もその端に

白抜きの小さな四角形(ハンドル)がつきます。ハンドルをクリックしてドラッグすると

『接線』の長さや方向が変わります。

パスツール使用の例)

図のパスには直線や曲線の入り交じった2本の成分があります。

白い丸はアンカーポイントを、黄色い線が付いている白い丸は選択されたアンカー

です。白い丸から出ている白い正方形はハンドルです。

3.まとめ

パスについては分かりましたか?

次回はパスの性質について書いていきます。

#GIMP

125回の閲覧