ga('send', 'pageview'); GIMPのパスについて学ぼう!その2

GIMPのパスについて学ぼう!その2


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPで画像のパスについて書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.パスの境界線を描画

2.パスとテキスト

3.パスの変形

4.まとめ

1.パスの境界線を描画

パスはその境界線を描画しなければ画素(ピクセル)にはなにも表せません。

そのコマンドは画像ウィンドウのメニューから『編集』→『パスの境界線を描画…』と

進むか、もしくはパスダイアログの脈絡メニューのパスの境界線を描画…を選ぶ方法と

パスツールのオプションダイアログ上で『パスの境界線を描画』ボタンをクリックする

方法があります。

いずれの方法も『パスの境界線を描画』に進めばダイアログが現れ、描画方法の設定が

できます。多彩な描線形状が選べるほか、描画ツールはスタンプやにじみや消しゴムまで

なんでも使えます。

例)

ダイアログ)

パスの境界線の描画は重ね打ちすることでその効果を増したり、線やブラシの太さを

変えて重ねることも出来ます。

2.パスとテキスト

テキストツールで作られたテキストは、テキストレイヤーの脈絡メニューの『テキストを

パスに』コマンドを使ってパスに変換できます。次のような様々な用途に便利です。

・パスの境界線の描画機能を利用し、テキスト装飾の可能性を広げること。

・テキストの形状変形はさらに重要。テキストをパスに転換、続いてパスを変形、最後は

 パスを選択に転換して塗りつぶすこと。テキストレイヤーの画素情報(ピクセル

 データ)を変形描画するよりも高品質に仕上がりやすい。

3.まとめ

パスについては分かりましたか?

次回はブラシについて書いていきます。

#GIMP

0回の閲覧