ga('send', 'pageview');

GIMPのブラシを簡単に作る方法

最終更新: 9月26日


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPで画像のブラシを簡単に作る方法について書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.ブラシの作成

2.まとめ

1.ブラシの作成

ブラシを簡単に作る方法は2つあります。

その1

 画像の一部を、鉛筆やエアブラシなどのツールで使うブラシに取り込む方法です。

 まずは、画像を開いてください。次にその部分を矩形選択(または楕円選択)ツールで

 選択範囲にして、『編集』→『コピー』(Ctrl+C)でその選択範囲を写し取れば

 ブラシダイアログの最初の位置にその見本が表示されます。この位置は『クリップ

 ボード』と呼ばれすぐに使うことが出来ます。

その2

 2つ目の方法は少し難しいです。

 『ファイル』→『新しい画像』と進み、『色空間』が『グレースケール』で、

 『塗りつぶした色』が白い新規画像を、例えば幅、高さともに35ピクセルの大きさで

 作成します。

 この新しい画像を拡大ズーム表示して『鉛筆で描画』ツールを使って黒で何か

 絵を描きます。

 その絵をGIMPの個人用ディレクトリーのbrushesフォルダーに、拡張子『.gbr』

 がついた形式でエクスポートします。

 ブラシダイアログウィンドウの『再度読み込みアイコン』をクリックします。

 すると、ほかのブラシと一緒に並んで表示されます。

 すぐにブラシを使うことも出来ます。GIMPを再起動する必要はありません。

2.まとめ

ブラシの追加は出来ましたか?

この方法を使えば簡単に自分で作成したブラシを使うことが出来ます。

#GIMP

131回の閲覧