ga('send', 'pageview'); GIMPの選択ツール(自由選択)について学ぼう!

GIMPの選択ツール(自由選択)について学ぼう!


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPの選択ツールについて書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.自由選択について

2.キー修飾

3.ツールの使用方法

4ツールオプションについて

5.まとめ

1.自由選択について

自由選択ツールは、マウスの左を押しながら任意の輪郭を描いて選択範囲が作られます。

マウスボタンを放すと現在のポインターの位置から開始点までを結ぶ直線が引かれ

選択範囲の輪郭を閉じられます。画像領域の外に線がはみ出してもどこかで内側に戻って

くれば問題ありません。自由選択は選択範囲を大雑把に描くときにたびたび重宝します。

精密に選択する用途には向きません。

クイックマスクモードで細かく作業する前に、自由選択で大まかに選択をとっておくと

作業が楽になります。

GIMP2.6から新たな機能として多角形選択を使用することができます。

クリックしてドラッグし続ける手書きの自由選択に対し、これはクリックのみで作り

ます。クリックしていくと次々とアンカーポイントが置かれ、最後に置かれたアンカー

ポイントからマウスの現在位置までには直線が表示され、再びクリックするまではその

直線がマウスの動きに反応します。(マウスポインタ-はアンカーポイント上で移動

モードの四方矢印のポインターの姿になります。)次のクリックで新たなアンカー

ポイントが置かれ、直前に置かれたアンカーポインタとの間に分節の線分が引かれます。

『Ctrl』キーを押している間は直前のアンカーポイントから15度刻みの方角の位置にのみ

次のポイントを置くことが出来ます。

手書きの曲線と多角形線分は混在させることも可能です。

 〇呼び出し方

   このツールを呼び出す方法は3種類あります。

   ・画像ウィンドウのメニューより『ツール』→『選択ツール』→『自由選択』

   ・ツールボックスのツールアイコン

   ・キーボードショートカット『F』

2.キー修飾

自由選択に固有の修飾キーはありません。選択ツールに共通のものなら同じように

使うことが出来ます。

3.ツールの使用方法

自由選択を用いた大まかな選択の様子↓

4.ツールオプションについて

一般的にはこのツールを起用すると、そのツールオプションがツールボックスの下に

繋げられたウィンドウ上に現れます。そのようなウィンドウが見当たらないときは、

画像ウィンドウのメニューより『ウィンドウ』→『ドッキング可能なダイアログ』→

『ツールオプション』と辿ればツールオプションウィンドウが開きます。

自由選択ツール独自のツールオプションはありません。いずれも他の選択ツールに

対してと同じ効果のあるオプションです。

5.まとめ

自由選択については分かりましたか。

次回はファジー選択(自動選択)について書いていきます。

#GIMP

0回の閲覧