ga('send', 'pageview');

GIMPの選択ツール(電脳ハサミ)について学ぼう!

最終更新: 9月28日


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPの選択ツールについて書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.電脳ハサミについて

2.キー修飾

3.ツールの使用方法

4ツールオプションについて

5.まとめ

1.電脳ハサミについて

電脳ハサミツールは、自由選択ツールに共通する機能も一部にあります。

他にもパスツールに共通する機能があり、そのほか独自の機能があります。

そのツールは色の境界がはっきりした領域を選択するのに便利です。

電脳ハサミの使い方は、選択したい領域の輪郭を点々とクリックしていくことで

『コントロールノード』(アンカーとかコントロールポイントとの呼ばれる)を

置いていきます。ツールが自動的に色の対象の強い境界をなぞって、各コントロール

ノードを結ぶ連結した曲線を引いていきます。

 〇呼び出し方

   このツールを呼び出す方法は3種類あります。

   ・画像ウィンドウのメニューより『ツール』→『選択ツール』→『電脳はさみ』

   ・ツールボックスのツールアイコン

   ・キーボードショートカット『I』(アルファベットのアイ)

2.キー修飾

『Shift』キー、『Ctrl』キー、『Alt』キーの使い方は選択ツールの『ツール』を

ご覧ください。

ただし選択範囲を編集する段になって使える特有の修飾キーがあります。

これは最初のノードを置いた後から有効です。

『Shift』キー

    既定では自動的に形象の輪郭線に張り付く機能が有効になっています。

    マウスポインタ-でクリックしてドラッグする際、電脳ハサミツールは最大の

    グラデーション(色変化の最も大きな位置)をその付近に探り当て、新たに

    置かれたコントロールノードや既存のノードをそこに強制移動します。

    クリックしてドラッグするときにこのキーを押していると、上に述べた機能は

    無効になり、マウスポインタ-で指定したそのままの位置にノードが置かれ

    ます。

3.ツールの使用方法

マウスで左クリックしていく度に、新たなコントロールノードが置かれ、直前に置かれた

ポイントと結ばれる線が形象の輪郭をたどって引かれます。一周したら開始点をクリック

します。

コントロールノードをドラッグして移動したり新たなコントロールノードを追加して曲線

を整えていきます。満足のいく曲線が出来上がったら、内側をクリックすれば曲線の輪が

選択に変換されます。

このツールはクリックしてポイントを置きます。選択範囲の輪郭はこれらポイントで

操ります。選択範囲を形作るうえで、始点と終点を除き個々のポイントはクリックして

ドラッグすれば移動できます。選択の輪郭は始点上に終点のポイントをクリックして

置けば閉じられます。選択を閉じた後で、マウスポインタ-の姿は選択範囲との位置関係

によって変化します。

                   範囲内   


                  輪郭線上


                   範囲外


輪郭線上をクリックして新たなポイントを追加したり、それぞれのポイント(始点と終点を

含む)を移動して選択の輪郭を整えていきます。選択の仕上げは範囲の内側をクリックします。

一度にひとつの選択範囲しか作ることが出来ません。

次の選択範囲を作るときには、修飾キーなどを用いてモードを切り替えなければ新たな

輪郭内でクリックした途端にそれまでの選択範囲は破棄されます。

※ 注意※

  輪郭が完全に整うまでは、輪郭内をクリックしないようにしましょう。

  選択範囲が確定されたら、変更しようとして『やり直す』と何もない状態に

  戻されて再び作り直さなければならなくなります。

  途中で他のツールを呼び出すこともおすすめできません。

  置いていたコントロールノードはすべて失われてしまいます。

4.ツールオプションについて

一般的にはこのツールを起用すると、そのツールオプションがツールボックスの下に

繋げられたウィンドウ上に現れます。そのようなウィンドウが見当たらないときは、

画像ウィンドウのメニューより『ウィンドウ』→『ドッキング可能なダイアログ』→

『ツールオプション』と辿ればツールオプションウィンドウが開きます。

モード:なめらかに:境界をぼかす

  選択ツールは共通です。ここではツール特有のオプションのみ説明します。

新規ノード追加時に境界を表示

  このオプションが有効な場合は、境界線の再配置の段階でコントロールノードを

  ドラッグして移動する最中にも選択範囲の境界が再描画されます。

  無効な場合は、ノードをドラッグしている間はノードの移動前の位置から現在地へ

  直線が引かれるのみで、ポインターを放して移動を終えるまでは境界線の結果が

  見ることが出来ません。システムが遅い場合やコントロールノードが互いに離れて

  いる場合には、このオプションを無効にするとわずかに処理が早くなります。

5.まとめ

電脳ハサミについては分かりましたか。

次回は前背抽出選択について書いていきます。

#GIMP

17回の閲覧