ga('send', 'pageview'); GIMPの選択ツール(楕円選択)について学ぼう!

GIMPの選択ツール(楕円選択)について学ぼう!


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPの選択ツールについて書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.4)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.楕円選択について

2.キー修飾

3.ツールの使用方法

4ツールオプションについて

5.まとめ

1.楕円選択について

楕円選択ツールは画像から円形や楕円形の領域を選択するためのものです。

このツールは画像上に円形や楕円形を描くために用いられます。

色が一様な楕円形を描くには、楕円選択を選び範囲を指定し、その内側を塗りつぶし

ます。楕円形の輪郭を描く最も簡単な方法は、楕円選択を選び、その境界線を描画

します。しかしこの方法は品質が粗雑になってしまいます。もっと上質の輪郭を描くには

異なる大きさの2つの楕円選択を重ねて外側の選択範囲から内側の選択範囲を引きます。

しかし、この方法だと簡単ではないので、『選択』→『縁取り選択…』コマンドを使うと

簡単にできます。

 〇呼び出し方

   このツールを呼び出す方法は3種類あります。

   ・画像ウィンドウのメニューより『ツール』→『選択ツール』→『楕円選択』

   ・ツールボックスのツールアイコン

   ・キーボードショートカット『E』

2.キー修飾

『Ctrl』キー

   選択をとり始めた後にこのキーを押し、選択範囲ができあがるまで押し続けると

   開始点が楕円の外接矩形の角ではなく、楕円の中心点として扱われます。選択を

   とり始める前から『Ctrl』キーを押し続けていた場合は、それまでの選択範囲に

   新たに作られた範囲が加えられます。

   このときのカーソルは右上にマイナス記号がついているカーソルになります。

『Shift』キー

   選択をとり始めた後に『Shift』キーを押し、選択が終わるまで押し続けると

   選択範囲は正円になります。これは『値を固定』オプションが有効になって

   固定される条件が縦横比(初期設定は1:1)であるためです。この条件は

   変更することも可能です。選択をとり始める前から『Ctrl』キーを押し続けて

   いた場合は、それまでの選択範囲から新たに作られた範囲が引かれます。

   このときのカーソルは右上にプラス記号がついているカーソルになります。

『Ctrl』キー+『Shift』キー

   この両方のキーを同時に押したときは、上述のオプションが共に有効となり、

   開始点を中心とする正円が選択範囲になります。

   選択範囲を作り始める前にこの両方のキーを押していた場合はマウスポインタ-が

   右上に積集合記号がついているカーソルになります。

3.ツールの使用方法

このツールが使用されているときのマウスポインタ-は画像上ではこのような

カーソルです。

画像上でドラッグすると楕円形(もしくは正円)がその外側に矩形(あるいは正方形)が

表示されます。マウスボタンを放すと点滅破線が選択範囲のだ円の輪郭を描きます。

選択の領域を始めから正確にする必要はありません。後で変形や移動をすることが

出来ます。

マウスポインタ-を画面上で移動させると場所によりその姿が変化し、選択の矩形の

形状を変える方法が示されます。選択範囲の大きさはハンドルを利用して変更できます。

4.ツールオプションについて

一般的にはこのツールを起用すると、そのツールオプションがツールボックスの下に

繋げられたウィンドウ上に現れます。そのようなウィンドウが見当たらないときは、

画像ウィンドウのメニューより『ウィンドウ』→『ドッキング可能なダイアログ』→

『ツールオプション』と辿ればツールオプションウィンドウが開きます。

 ・モード

   ・なめらかに、境界をぼかす

     選択ツール共通のオプションです。

 ・その他のオプション

   どのオプションも矩形選択で説明したのと同じ効果です。

   詳しくは『矩形選択』に書いてあります。

5.まとめ

楕円選択については分かりましたか。

次回は自由選択について書いていきます。

#GIMP

0回の閲覧