ga('send', 'pageview'); GIMPのブラシで描画について学ぼう!

GIMPのブラシで描画について学ぼう!


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPのブラシで描画について書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.12)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1ブラシで描画

2.呼び出し方について

3.キー修飾(初期設定)

4.オプション

5.まとめ

1.ブラシで描画

 ブラシのツールアイコン↓

 『ブラシで描画』ツールを使うとぼやけた筆蝕で描けます。

 ブラシの姿そのままの描線ができます。

2.呼び出し方について

 『グラデーション』ツールを起用する方法は次のいずれかです。

  ・ツールボックスのツールアイコン

  ・キーボードショートカット『P』

  ・画像ウィンドウのメニューより『ツール』→『描画ツール』→『ブラシで描画』

3.キー修飾(初期設定)

 『Ctrl』

     このキーは鉛筆をスポイトに変身させます。

 『Shift』

     このキーによって絵筆で直線が引けるようになります。マウスの左クリックを

    している間に『Shift』キーを押し続けておけば直線が引けます。さらにこのキーを

    押したままクリックすれば秋に引いた直線の終点を始点とする直線を新たに引く事が

    でき、次々と繋げることが出来ます。

4.オプション

ツールオプション↓

 一般的にはこのツールを起用すると、そのツールオプションがツールボックスの下に繋げ

られたウィンドウ上に現れます。そのようなウィンドウが見当たらないときは、画像ウィンドウ

のメニューより『ウィンドウ』→『ドッキング可能なダイアログ』→『ツールオプション』と

辿れば今使っているツールのツールオプションウィンドウが開きます。

モード:不透明度:ブラシ:動的特性:動的特性のオプション:散布:手ぶれ補正:ストローク中の重ね塗り

  描画ツールの全般もしくは大多数に共通するツールオプションについての説明は、

 『描画ツール共通のオプション』に書いてあります。

5.まとめ

ブラシで描画については分かりましたか。

次回はMyPaint Brushについて書いていきます。

#GIMP

0回の閲覧