ga('send', 'pageview');

GIMPの鉛筆で描画について学ぼう!

最終更新: 9月28日


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPの鉛筆で描画について書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.12)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1.鉛筆で描画

2.呼び出し方について

3.キー修飾(初期設定)

4.オプション

5.まとめ

1.鉛筆で描画

               鉛筆のツールアイコン↓

 『鉛筆で描画』ツールは固いもので描いたようなごつごつした線を手書きで任意に

描くときに用います。鉛筆と絵筆はよく似たツールです。両者の主な違いは、同じブラシを用いても、鉛筆だけはその縁を一切ぼかさないことです。ブラシの縁が既にぼやけていたとしてもそうなります。アンチエイリストもかかりません。

※ポイント※

  鉛筆で直線を引くときは(その他数種のブラシツールと同じく)、始点をクリック

 したら『Shift』キーを押しながら終点をクリックすればできます。

2.呼び出し方について

 『グラデーション』ツールを起用する方法は次のいずれかです。

  ・ツールボックスのツールアイコン

  ・キーボードショートカット『N』

  ・画像ウィンドウのメニューより『ツール』→『描画ツール』→『鉛筆で描画』

3.キー修飾(初期設定)

 『Ctrl』

   このキーは鉛筆をスポイトに変身させます。

 『Shift』

   このキーは鉛筆ツールを直線モードにします。 Shiftキーを押しながらマウスの

   左ボタンをクリックすると、直線が生成されます。 連続してクリックすると、

   最後の行の終わりから始まる直線が引かれます。

4.オプション

                ツールオプション↓

 一般的にはこのツールを起用すると、そのツールオプションがツールボックスの下に繋げ

られたウィンドウ上に現れます。そのようなウィンドウが見当たらないときは、

画像ウィンドウのメニューより

『ウィンドウ』→『ドッキング可能なダイアログ』→『ツールオプション』と

辿れば今使っているツールのツールオプションウィンドウが開きます。

モード:不透明度:ブラシ:動的特性:動的特性のオプション:散布:手ぶれ補正:ストローク中の重ね塗り

  描画ツールの全般もしくは大多数に共通するツールオプションについての説明は、

 『描画ツール共通のオプション』に書いてあります。

5.まとめ

鉛筆で描画については分かりましたか。

次回はブラシで描画について書いていきます。

#GIMP

41回の閲覧