ga('send', 'pageview');

GIMPの消しゴムについて学ぼう!


こんにちは

今回のコラムはGIMPについて書いていこうと思います。

画像編集、加工をしたくても操作が分からなければ編集、加工ができません。

ここではGIMPの消しゴムについて書いていきます。

ダウンロードがまだですという方は先に『GIMP(2.10.12)をダウンロードしよう!』を

ご覧ください。

目次

1消しゴムについて

2.呼び出し方

3.キー修飾

4.オプション

5.まとめ

1.消しゴムについて

 消しゴムのツールアイコン↓

 消しゴムツールは現在の選択レイヤーから部分的に色を取り除いたり、そのレイヤーの

選択範囲から色を消したりするときに使います。

 透過効果のないもの(選択マスクチャンネルやレイヤーマスク、アルファチャンネルのない背景レイヤー)に対して消しゴムを使うと、背景色になります。マスクの場合は選択範囲が変更されます。透過効果ありの場合は、ツールオプションの設定によって不完全もしくは完全な透過のいずれかが起こります。

              アルファチャンネル非追加↓


              アルファチャンネル追加↓




2.呼び出し方

 このツールを起用する方法は次のうちのいずれかです。

  ・ツールボックスのツールアイコン

  ・キーボードショートカット『Shift』+『E』

  ・画像ウィンドウのメニューから『ツール』→『描画ツール』→『消しゴム』

3.キー修飾

 『Ctrl』

  消しゴムツールは『Ctrl』キーを押している間は『スポイト』ツールに変身します。

  クリックした場所の画素の色が取り込めるようになります。ただし他のブラシツールが

  描画色とするのに対し、消しゴムの場合は背景色として取り込みます。透過しない

  描画対象に対し消しゴムをかけるとその領域には背景色が塗られるようになります。

 『Alt』

  消しゴムツールは『Alt』キーを押している間は『逆消しゴム』モードになります。

オプション

                ツールオプション↓

一般的にはこのツールを起用すると、そのツールオプションがツールボックスの下に

繋げられたウィンドウ上に現れます。

そのようなウィンドウが見当たらないときは、画像ウィンドウのメニューより

『ウィンドウ』→『ドッキング可能なダイアログ』→『ツールオプション』と

辿れば今使っているツールのツールオプションウィンドウが開きます。


不透明度  このツールでの不透明度スライダーは、名前とは裏腹にツールの強度を示しています。

つまりアルファチャンネルのあるレイヤーに消しゴムをかけると、

不透明度を高く設定すればするほど透明度が増すことになります。

ハードエッジ

 このオプションは描線の縁が不完全消去されるのを防ぎます。

逆消しゴム

 逆消しゴムオプションのとき消しゴムツールで画像は部分的に反消去され、

完全透明な領域にも作用します。この機能はアルファチャンネルのあるレイヤーでのみ

効果があります。

ツールオプション上のチェックボタンに加え、作業中には『Alt』キーを使っても

このオプションを起用できます。

5.まとめ

消しゴムについては分かりましたか。

次回はエアブラシについて書いていきます。

#GIMP

77回の閲覧